無料
エロ
動画

ゲイニュース

イ・ヨンフン、「ゲイではなく女優恐怖症なだけ」

イ・ヨンフンが、女優恐怖症だと告白した。

17日、ソウル・ロッテシネマ建大(コンデ)店にて開催された、映画『Just Friends』(原題)の記者懇談会に出席したイ・ヨンフンは、映画の中でのオ・ヨンソとのキスシーンを振り返り「女優恐怖症がある。いまだに女優の方と現場で接するのは難しく、プレッシャーを感じる」と語った。

彼は、「唇にするキスだけでなく、頬にキスをすることに対してもまだプレッシャーを感じる」と語り注目を集めた。彼は、「すでに打ち解けた状態だったので、きまりが悪く可笑しかった」と語った。

女優に対しプレッシャーを感じるというイ・ヨンフンの告白に、この日の懇談会でMCを担当したパク・イニョンは「それなら、男性の方が楽か」と尋ねた。イ・ヨンフンは2006年、キム・ナムギルと同性愛をテーマにした画『悔いなき恋-NO REGRET-』で印象深い演技を繰り広げた。

パク・イニョンの質問に対し、イ・ヨンフンは「ゲイではない」とキッパリと言い、「親しくしている同性の友達なら、ふざけたりもできる。だから『悔いなき恋-NO REGRET-』では演技により没頭できた」と明かした。

また、「同性愛は経験したことがないが、キム・ナムギルとは銭湯に一緒に行く程仲が良いので演技もすんなりと出来た」とし、「オ・ヨンソとは一緒に銭湯に行くことは出来ないではないか」と語り笑いを誘った。

この日イ・ヨンフンは、「監督も女優の方々に対し慎重になっていた」とし、「男性の俳優には夜中だろうがいつだろうが電話をかけ、酒を飲もうと言うことが出来るが、女優の方とは会社を通して約束をしていた」と説明した。


恋活エロ活ばっちり!!
大人のゲイ出会い場として彼氏・パートナー探しからセフレ、友達探しまで色々な目的の方が多数参加されています

ご近所積極ゲイ恋活
本気のパートーナー探しに力を入れている、同性愛の出会いサポート万全のお勧めコミュニティです

ゲイに人気の観光地ランキング発表

ユーザーへのアンケートをもとに発表した好きな観光地ランキングでは、「全米で最もゲイな都市」にニューヨーク(New York)、「世界で最もゲイな都市」に英ロンドン(London)が選ばれた。

 夏期に行われるゲイ・プライド・パレードが最も盛り上がる場所には、世界最大規模のパレードで知られるブラジル・サンパウロ(Sao Paulo)が選ばれている。サンパウロの今年の「プライド」開催は6月7日から11日まで。

 ユーザーらが選んだ人気の都市は以下の通り。

全米で最もゲイな都市:ニューヨーク
世界で最もゲイな都市:ロンドン
全米最高のビーチ:マイアミ(Miami)

世界最高のビーチ:リオデジャネイロ(Rio de Janeiro)
全米最高のリゾート:カリフォルニア(California)州パームスプリングス(Palm Springs)
全米でゲイの祭典が最も熱い都市:サンフランシスコ(San Francisco)
世界でゲイの祭典が最も熱い都市:シドニー(Sydney)

ホットな男性が多い米国の都市:ロサンゼルス(Los Angeles)
ホットな男性が多い米国外の都市:イスラエル・テルアビブ(Tel Aviv)

結婚に最適な米国の都市:マサチューセッツ(Massachusetts)州プロビンスタウン(Provincetown)
結婚に最適な米国外の都市:アルゼンチン・ブエノスアイレス(Buenos Aires)
ゲイ・プライド・パレードが最も盛り上がる都市:ブラジル・サンパウロ


恋活エロ活ばっちり!!
大人のゲイ出会い場として彼氏・パートナー探しからセフレ、友達探しまで色々な目的の方が多数参加されています

ご近所積極ゲイ恋活
本気のパートーナー探しに力を入れている、同性愛の出会いサポート万全のお勧めコミュニティです

ニュース:2012年のミスターゲイ

2009年から開催されている世界一のゲイを決める大会「Mr Gay World(ミスター・ゲイ・ワールド)」が今年も開催されました。

2009年から今年で4回目のこの大会は南アフリカのヨハネスブルクで開催され、4月8日に遂に最終選考が行われたそうです。

今回の出場者は全部で25の国と地域の代表が出場し、その中で優勝したのがニュージーランド人のAndreas Derlethでした。

出場した国と地域はアルゼンチン、オーストラリア、ブラジル、ブルガリア、カナダ、チリ、チェコ、エチオピア、フィンランド、フランス、ドイツ、香港、アイルランド、メキシコ、ナミビア、オランダ、ニュージーランド、ノルウェイ、フィリピン、南アフリカ、スペイン、スイス、イギリス、アメリカ、ベネズエラでした。(アルファベット順)

ちょっと面白かったのは、全員星座が書いてあるんです。どこか乙女チック。

優勝したAndreas Derlethは11個ある各部門のうち3つ(Mr. Gay Swimwear、Sports Challenge、Best Interview Challenge)で1位、そして総合第1位に輝いたそうです。

ちなみにAndreasの職場はなんとWarehouse Stationaryのoperations project managerらしいです。 優勝者には25000USドルの旅行券や1年分のBone Wear swimwear、ほかコスメティック系の商品を山ほどなどなどがもらえるそうです。

恋活エロ活ばっちり!!
大人のゲイ出会い場として彼氏・パートナー探しからセフレ、友達探しまで色々な目的の方が多数参加されています

ご近所積極ゲイ恋活
本気のパートーナー探しに力を入れている、同性愛の出会いサポート万全のお勧めコミュニティです

ニュース:ウリで生計立てる、中国の格差社会

経済成長の陰で貧富の差が広がり続けている中国では、官僚の子息である「官二代」や富豪の子息である「富二代」たちによる、親の権力や財力に物を言わせ、庶民相手に横暴を働く事件が多発している。

 他方、社会的弱者の代表格ともいえる農民の子息である「農二代」たちの壮絶な境遇を、3月30日付けの「南方農村報」が伝えている。なんと、両親の出稼ぎ先の都市部で生活する農二代の男性の間で、同性愛者を相手にしたウリがひそかに流行しているというのだ。

 彼らの多くは"90後"と呼ばれる、1990年代生まれの若い農二代。広東省広州市のナイトクラブで「売春夫」として働いているある農二代男性によると、客層は自分の父親にも近い世代の富裕層で、一晩のサービスで約1,500元(約1万9,000円)というのが相場なのだという。

 ちなみに3月には、大陸から中国人男性が香港に大挙し、同性愛者相手に売春を行っている実態が報じられたばかりだ。

 これまでも、貧困から売春婦に転落する女性は数多くいた。ところが、男性までもがウリに手を染めるようになった背景について、中国在住ジャーナリストはこう語る。

「かつて、農村からの出稼ぎ労働者は、都会に出てきて汗にまみれて一定期間働くと貯金を持って農村に帰り、家を建てていた。しかし、彼らの出稼ぎ先で生まれた農二代は、両親が農村に帰っても都会での生活の継続を希望する場合が多く、さらに農地収用などで両親ともども帰る場所を失った者も多い。

しかし、親のコネも学歴も都市部での戸籍すらない彼らにとって、まともな職に就くことは難しい。物価高騰が続く都会で生計を立てる手段として身体を売ることを選ぶ者も多いんです」


恋活エロ活ばっちり!!
大人のゲイ出会い場として彼氏・パートナー探しからセフレ、友達探しまで色々な目的の方が多数参加されています

ご近所積極ゲイ恋活
本気のパートーナー探しに力を入れている、同性愛の出会いサポート万全のお勧めコミュニティです


ニュース:男性4人に1人が「オカマと交際可能」

女のライバルは“女性”だけではなく、オネエ(オカマ/ニューハーフ)も含まれることが判明した。ポーラ・オルビスグーループの敏感肌専門ブランド株式会社decencia(ディセンシア)は、3月21日から22日にかけ、全国の18歳―69歳の「身近にオネエの知人がいる男性(異性愛者)」120人を対象に「女性らしさを感じる瞬間の意識調査」を実施し、その結果を発表した。

  調査によると、69.1%もの男性が「女性よりも女性らしいと感じたことがある」と回答。さらに、4人に1人は「オネエと交際できる」と回答した。

  もともとは男性の身体を持つ「オネエ」。男性にオネエたちの「女性らしいと感じたポイント」をたずねたところ、外見ではスタイル(38.1%)、手先・爪(25.2%)、ヘアスタイル(20.2%)などを挙げた。内面ではしぐさ(61.8%)、気遣い(58.0%)、美に対する感性(43.6%)が高い割合を示した。

  「オネエが気を使っていそうなケア」については、「スキンケア」(60%)がトップで、男性はオネエの美しさを“肌質”で判断する傾向があった。また、オネエに魅力を感じる男性ほど、自分の肌に悩みを抱えている人が多いことも判明。自分の肌に悩みを抱えている男性ほど、美しい肌を持つオネエに惹かれていた。

  では、どのようにしたら男性を魅了するような肌を作れるのだろうか。ディセンシアの「saeru(サエル)」は、敏感肌でも使える美白スキンケアライン。ディセンシアオリジナルの複合美白成分を始めとし、数種類の抗炎症・抗酸化成分がゆらぎがちな肌の土台を整えてくれる。これまで「美白が効きにくい」と感じていた敏感肌の人も、透明感のある肌を実感することができる。

  ニューハーフの生みの親といわれるニューハーフ・パブ「ベティのマヨネーズ」のベティママも、「女性の美しさは素肌で決まる!」と肌管理の重要性について語っている。「ニューハーフだろうが、生まれながらの女性だろうが、素肌が汚い美人なんてありない」と断言するほどだ。女性はさまざまな戦術が記された恋愛指南本を読むより、まずは肌質を高めた方が恋を実らせる近道になりそうだ。


恋活エロ活ばっちり!!
大人のゲイ出会い場として彼氏・パートナー探しからセフレ、友達探しまで色々な目的の方が多数参加されています

ご近所積極ゲイ恋活
本気のパートーナー探しに力を入れている、同性愛の出会いサポート万全のお勧めコミュニティです

人気・話題急上昇の男漁り場♪
close