無料
エロ
動画

熟年ゲイ体験談


知名度・参加数ダントツ
正統派ゲイ掲示板!!

動画も出会いも無料から始められる参加者ダントツの同性愛恋活場です★


私、食品流通会社の管理職をしています。昨日は埼玉県の戸田市にある倉庫の管理状況を視察して帰る予定でした。

月一で回るこの倉庫はほとんど使用していない古い物ですが、役員の遠縁だとかいう七十近い爺さんが住み込みで管理しています。

何時ものように簡単に簡単に管理台帳を検査してお茶を飲んでいると、「部長さん時間が早いから、俺の得意なマッサージをして上げるよ」と爺さんが言って来ました。

時計を見ると三時前で、帰るには早すぎるのと暑さ疲れもあったので、「じゃあ頼もうか」と軽い気持ちで座敷に上がりました。

皺になるといけないからスーツとワイシャツは脱いだ方が良いよと言われ、年寄りと二人きりだし何の抵抗もなくTシャツとブリーフ姿になり胡座をかきました。

肩から揉み始めた爺さんは、プロもおどろくような巧さで背中から腰とほぐして行ってくれます。

「気持ちが良いなぁ」と言うと、「これからだよ」と爺さんは言って羽交い締めするように両手を前に回すと、あっという間に私の両方の乳首を摘んだのです。

ビックリすると同時に背筋に電気が走って、身体はビクンビクンと反応してしまいました。 私は乳首と肛門が一番の性感で、男性に犯されたい願望がありました。

爺さんはそんな私を見抜いていたようで、何の抵抗も出来ず感じ捲っている私の唇に首を回すようにして口づけしてきました。舌を入れられ唾液をトロトロと流し込まれると、ゴクンと喉を鳴らして飲み込みました。

「良い子にするんだよ」、耳元で囁かれると私は小娘のようにコクンと頷き爺さんの為すがままに裸に剥かれ、爺さんが全裸になるのを見つめていました。

爺さんの男根は凄まじい大きさで、天を突くように勃起しています。犯される。恐怖よりも期待感で一杯の私は、鈴口からダラダラと先走りを垂れ流し、牝になりきってアナルを疼かせていました。

怒張をお口に入れられると、ツンとずっぱいすえた匂いが鼻孔を突き抜けます。暫くお口でお清めすると、両手で怒張を握らせた私を仰向けに寝かせて、脚を大きく広げさせました。

潤滑剤代わりのメンタムをタップリとアナルに塗りつけて、ユックリ揉み解してくれます。爺さんの指が二本楽に出入り出来るほど、私のアナルは蕩けています。

爺さんの身体が私の脚の間に移動しました。ついに犯される時です。爺さんの亀頭が肛門に宛がわれるのが分かります。ズブズブと肛門が押し広げられて、怒張が進んできます。

あんなに蕩けていたのに、とても痛くて爺さんを飲み込めません。許して、痛い、アナルが壊れる、許して・・・泣き叫びました。

「カリが入った。」朦朧とした私の耳に爺さんの声が聞こえました。お尻全体がジーンと痺れていて、下腹部にリンゴかメロンを呑み込んだような圧迫感があります。

「後は竿だから、泣くほど痛くないぞ。」そう言って爺さんは腰を寄せてきます。お腹の固まりがドンドン胃の方に迫り上がってきて、体内を爺さんの男根に突き抜かれている、犯されていると実感できました。

「良し、根本まで入った。お前良く締まってるぞ。」そのまま脚を肩に担ぎ、深々と突き上げてくれました。

長い時間腰を振っていた爺さんが、「逝くぞ」と言った時には、私は射精しすぎて精液が出なくなり、睾丸の辺りが痙攣するだけの状態でした。私のお腹の中で、爺さんの怒張が膨れたと感じたとたん射精が来ました。

すごい衝撃が直腸を襲いました。射精は暫く続きました。私は爺さんに犯して頂いた嬉しさで、泣いていました。


恋活エロ活ばっちり!!
大人のゲイ出会い場として彼氏・パートナー探しからセフレ、友達探しまで色々な目的の方が多数参加されています

ご近所積極ゲイ恋活
本気のパートーナー探しに力を入れている、同性愛の出会いサポート万全のお勧めコミュニティです

人気・話題急上昇の男漁り場♪
| 体験談 |
close